ベンガル猫はアジア地区に生息する野生のAsian Leopard Catと家ネコとの間に作出されたハイブリッド猫です。 F1代から数え、代4世代F4代から血統申請されベンガル猫として血統登録されました。
私自身も、何度か原種 Asian Leopard Cat ,F1,F2,F3代のベンガルと触れる機会がありましたが、野生の血が強すぎるせいかペットとして飼育する事は困難と感じました。中には例外的にフレンドリーなF代も存在します。【子猫時からの飼育環境もおおいに左右すると思います。私の経験からF代及びサーバルキャットという品種の野生猫を過去に飼育してましたが、飼育環境だけでは、かたずけられない持って生まれた気質、性格も大部分を占めているとも思います。当然、原種Asian Leopard Catをはじめ、F1、F2、F3代の原種に近いネコ達程、すばらしく美しい外見をしています。
全世界のベンガル繁殖者達は原種Asian Leopard Catに似た外見、F1、F2、F3をも凌ぐ、素晴らしく美しい、膝の上の愛情深い小型な豹の外見を持ったベンガル猫作出を念頭において、ブリーディングされてるのではないかと私は思います。繁殖者である前に共通してベンガル猫が大好きでもあります。
ベンガル猫は野生的ワイルドなLeopard Catの外見と家ネコの愛情深い気質が結合した、とても美しく、ユニークな品種です。当店のベンガル達は泣き声で会話する事を好むように思えます。名前を呼ぶと返事をしますし、言葉に対し泣き声で返してくれます。雄の子が、可愛すぎる泣き声で返答してくれると、拍子抜けしてしまいます。What’sマイケルの世界です。あはは(笑)

原種Asian Leopard Catは水辺の魚なんかも狩りで捕獲し食します。そのせいか水を怖わがりません。私が、お風呂に入るたび日替わりで1頭ずつ風呂場内で遊ばせるのですが、水面に浮いた、おもちゃとずっと楽しそうにピチャピチャ遊んでます。ホントにユニークな品種ベンガル猫です。

確実に、みなさんの膝の上ナンバーワンな小さな、なんちゃって豹【ベンガル猫】になれる品種だと思います。
彼らベンガル達は他の一部の種、内向的な品種とは違い、社交的な子が多く、ひたすら眠るだけの猫に対しベンガルは犬のように、ひたすら遊び続ける子が多いです。自分がヘトヘトになるまで遊び続けます。成猫になっても、ある程度、年をとってもひたすら子供のように遊び続けます。猫という感覚より犬という感じです。

ベンガル猫は信じられない程柔らかくて、すべすべした毛皮と、さまざまなパターン、形のロゼットを毛皮の上に、まとってます。筋肉質な体と太くて、しっかりとしたロングな尾をしています。毛抜けに関してはオーナーの普段からの手入れが大部分で左右されると思います。ベンガルに限らず犬についてもそうですよね。皮膚組織を清潔に保って飼育される事が大切だと思います。
SEIRYU☆BENGALSのベンガル達は、すべて犬が大好きです。はじめの対面こそ緊張しますが、急速に良い友人関係になります。ベンガル達は犬を全く恐れません。SEIRYU☆BENGALSには巨大犬種のグレートデーンが数頭飼育されています。この子達とも、すごく仲良くフレンドリーに接しています。※犬種によっては猫嫌いの犬もいますので、注意して下さい。

※このページを読まれた皆様へ 
ベンガルについて、もっともっと興味を待たれた方、遠慮なくSEIRYU☆BENGALSへ電話&メールにて、
お問い合わせください。気持ちよく対応いたします。

SEIRYU☆BENGALSは宮崎県の大自然に囲まれた山間に位置します。健康な身体とクオリティーの高い外見を目標にブリーディングしております。定期的に計画された繁殖に基き子猫たちは誕生しております。お客様のお手元に旅立つまで、愛情をいっぱい注ぎ大切に育てております。